築古物件の
課題を解決します

築古物件の調査・用途変更・リノベーション

 築古物件の再活用・リノベーションは、建築費の高騰等様々な要因により、不可欠な時代となりました。しかし築30年を超える建築物の過半は、建築完成後に行われる完了検査を行っておらず、検査済証のない建物です。さらに建築申請資料及び図面の管理に不備があり、また所有者変更時に引き継がれていないケースも有ります。
 当事務所は、残存した資料及び図面や現地調査を整理し、物件賃貸時及び売却時の資料として整理するとともに、所轄自治体の建築指導課審査課及び消防署、民間申請機関へのヒアリング・法令調査を通じて、用途変更の可能性の調査します。


必要な資料とは

 

<資料として不可欠なもの>
確認申請証・検査済証
確認申請等申請図書図面
竣工図面

物件所有者の方へ

 

現存資料整理
現地調査
役所調査
<建物のポテンシャル調査>

今後取得する方へ

 

現存資料調査
役所調査
整合性調査
<新規用途変更の可否判断>


お問い合わせ